CTIシステムによって得られるメリットや導入のポイントをチェック

>アーカイブ>CTIシステムの導入で電話営業の効率アップ

悩みを抱えている

電話営業をアナログ的手法で行っていると、様々な問題が出てきます。まずは、電話営業に関する問題点について見ていくと良いでしょう。問題点が分かれば、改善できるようになるのです。

アナログ電話営業の問題点

  • 進捗状態が分からずにチーム対応が難しくなる
  • 顧客リストなどの情報を定期的にアップロードできない
  • 進捗情報をまとめる際に抜けや漏れがある
  • 手作業のため電話番号をかけ間違える

導入の前に

CTI導入を考えている人もいるでしょう。このような人は、導入のポイントをしっかりと押さえておく必要があります。ポイントさえ覚えておけば、CTI導入で失敗することもなくなります。

CTI導入のポイント

パソコンを操作する人

クラウド型を選ぶ

CTIシステムを導入するのであれば、必ずクラウド型を選ぶようにしましょう。クラウド型は低コストで導入も簡単です。設置工事などの手間もかからないでしょう。始めてCTIシステムを導入するのにあピッタリです。

自動のダイヤル機能

自動ダイヤル機能がついているCTIシステムを導入することが大切です。自動ダイヤル機能があれば、電話番号のかけ間違いなどもなくなるでしょう。顧客リストを見ながら電話番号を探す手間も省けるのでとても便利です。

データベースの管理

データベース管理機能にも注目しながらCTIシステムを導入するようにしましょう。データベース管理機能があれば、顧客リストの共有なども容易になります。コンタクト履歴や進捗状況などのデータも把握できるのです。

CTIシステムの導入で電話営業の効率アップ

女性

メリットが多い

CTIシステム導入最大のメリットと言えるのが、顧客リストをデータベース化できることでしょう。クラウド上に顧客リストを置くことも可能で、データベースの共有や管理も簡単に行えるようになります。また、進捗状況が確認できるようになるため、電話による再アプローチの効率も良くなるでしょう。電話のかけ間違いも防止することができるので、余計な仕事を増やさずに済みます。さらに、通話内容の確認やモニタリングによって、オペレーターに的確なアドバイスを与えれれるでしょう。オペレーターの質の向上も期待できるのです。